くらしろぐ。

カフェ巡り、日々のいろいろ、スキナコトたちをゆるりゆるりと綴っていきます。

江ノ島小屋 

「いつかティファニーで朝食を」巡りが始まりました。理想は1話から順番に巡れたらよかったけどそうも行かず・・・・

 

www.cafehopping.tokyo

 

今回は、漫画の第43話の「江ノ島小屋」さんに行ってきました!!

 

江ノ島に友達と遊びに行く予定ができたので集合時間より早く江ノ島に行って朝ごはんの時間にお店に入ろうと計画しました。

 

ちなみに朝ごはんのメニューは10:30まで

 

片瀬江ノ島駅から新江ノ島水族館に向かう途中にお店はあります。

観光案内所の横の小道を進むと・・・

f:id:kcat9:20180308013619j:plain

リアルな小屋が。

f:id:kcat9:20180308013653j:plain

外にも書いてある、「煮汁卵かけご飯」が今回のお目当て。

 

早速中に入ってみましょう。

午前11時まではテラス席に座ることができます。

f:id:kcat9:20180308013812j:plain

すっごくおしゃれですよね!

木で作られた机に温かみを感じます。

f:id:kcat9:20180308013902j:plain

朝ごはんのメニュー。

メニューの写真がもうすでに美味しそう。

黄身がつまめるほど新鮮な卵と煮汁が楽しみです。

 

f:id:kcat9:20180308013916j:plain

待っている間にメニューを観察。

しらす丼やまかない丼、ホロホロ丼を食べている方もインスタグラムなどでよく見かけました。

結構いいお値段しますが、魚介類はこんなもんだなとも思いますね。

 

f:id:kcat9:20180308014211j:plain

メニューの他に

食材について書いた冊子もおいてありました。

今回は卵かけご飯ということで、卵のページを。

 

f:id:kcat9:20180308014304j:plain

とっても詳しく書かれているので読んでいて楽しかったです。

品質にこだわりを感じました。

 

f:id:kcat9:20180308014424j:plain

そうこうしているうちにやってきました。

シンプルで、見るからに美味しそう。

鰹節は風味がすごいから、卵かけご飯に入れてよく混ぜるも良し、そのまま食べるも良し。

とのことでした。

 

ということでまずは、そのままいただきます。

店員さんのいう通り、香ばしくって美味しい。

噛み締めるとさらに味が滲み出てくる感じ。

 

次にお漬物。

シンプルで美味しい。

 

次はお味噌汁。

アオサかな。

久しぶりに食べました。

実はこれ、お代わりできるのですが、私は煮汁がお代わりできるのかと勘違いして店員さんに頼んでしまいました。

(すみませんでした)

お代わりしたい人は頼んでみてくださいね。

 

煮汁を少し。

甘く煮付けた汁ですっごく美味しい。

そのままでも美味しいです。

 

さて、いよいよ本題の卵かけご飯。

f:id:kcat9:20180308014956j:plain

卵を割り入れ、ツンツンして楽しんだ後

鰹節、煮汁を入れました。

甘い。ご飯の甘さと卵の甘さと煮汁の甘さ

そして、鼻から抜ける香ばしさ、舌に残る旨さ

 

このままでも十分なんだけど

お好みで醤油も、と言われていたので入れてみました。

ちょっと辛めになったけど、醤油自体も、多分普通の醤油じゃないからすごく美味しくて。

甘みと醤油の旨味が合わさって最強の卵かけご飯に。

 

私は家に炊飯器を置いておらず、普段は家でお米を食べていないので余計に卵かけご飯が懐かしかったです。

懐かしの味でもあり、新しい美味しさとの出会いでもありました。

なかなかあの煮汁は家では作れないですからね。

 

早起きしてよかったなあとしみじみ思う素敵な朝でした。

 

ちなみにお会計の後にプレゼントがもらえます。

f:id:kcat9:20180308015626j:plain

クランベリーです。

とっても優しい甘さで美味しかったです。

 

 

さらに!!お店の外には

f:id:kcat9:20180308015609j:plain

インスタグラムを意識してか、こんなボードが。

写真を撮っていたら店員さんが、私を撮りましょうかと言ってくださいました。

お言葉に甘えて撮っていただくことに。

またインスタの方に載せますね😉

 

 

🐰今回のお店🐰

江ノ島小屋

朝ごはんは8:00~10:30

地図はこちら