くらしろぐ。

カフェ巡り、日々のいろいろ、スキナコトたちをゆるりゆるりと綴っていきます。

青葱文化館@台湾 孤独のグルメ

今回は、台湾の孤独のグルメ、聖地巡礼です。

 

台北からは少し離れたところにある青葱文化館。

なかなか行くのが大変でしたが、珍しいし、楽しかったです。

 

ストーリー

台湾に出張に行くとクライアントに話した五郎さん。

するとクライアントに届けものを頼まれます。

やっかいなことになったと思いながらも引き受けることに。

台北から羅東へと向かいそこからさらに内陸部へお届けものに行く五郎さん。

青葱文化館に着き、葱餡餅を食べてクライアントのお孫さんを待ちます。

 

青葱文化館

こちら、先程も書いたように、台北からかなりの距離があります。

 

台北から羅東までバスか鉄道で行き、(私はバスを使いました)羅東から出ているバスに乗りました。

合計行くまでに3時間くらいかかったので行くなら半日潰れる覚悟をするしかなさそうです。

(暑すぎて途中の写真を撮る元気すらなかった)

バス停からさらに歩くこと10分。

f:id:kcat9:20190227082256j:image
f:id:kcat9:20190227082304j:image

青葱文化館へやってきました。


f:id:kcat9:20190227082243j:image

なんだか不思議な葱のキャラ。

 

葱の構造や栽培の仕方について展示されていました。
f:id:kcat9:20190227082252j:image
f:id:kcat9:20190227082248j:image

外には屋台っぽいお店が。
f:id:kcat9:20190227082239j:image

ここで五郎さんは葱餡餠を食べたということで私も同じものを食べることに。
f:id:kcat9:20190227082300j:image

葱餡餠を待っている間テーブルを見ているとここにも葱の構造についてが。

 

眺めているうちに店員さんが持ってきてくれました。

 

こちら葱餡餅。
f:id:kcat9:20190227082236j:image

薄い、葱入りおやき、といった感じでしょうか。

もちもちしていて食感もいいし

葱の味もいいアクセントになっていて◎!

ソースをつけて食べても美味しいですが、何も付けなくても美味しいです。

個人的にすっかり気に入って、日本に帰ってからも探しているのですが、なかなか同じものには出会えず……(当たり前っちゃ当たり前)

 

この青葱文化館では葱のアイスなど葱の商品がたくさん!

暑い日だったんだから食べれば良かったのに1人だったからか余裕がなく忘れていました💧

 

行かれる方はそちらもぜひチェックしてみて欲しいなと思います。

 

今回のお店

青葱文化館

営業時間

平日08:30~17:00 

休日 09:00~18:00

地図はこちら