くらしろぐ。

カフェ巡り、日々のいろいろ、スキナコトたちをゆるりゆるりと綴っていきます。

孤独のグルメ 北海道編

今回は、北海道で孤独のグルメの聖地巡礼。

 

2つまとめて書いてみました。

 

 

ストーリー

年明けから仕事に追われる五郎さん。北海道でお仕事です。

空港でも仕事をし、ホテルに着いてからも仕事仕事仕事・・・・

嫌になった五郎さんは、ホテルを出てお店を探すことに。

お店探しに苦戦するも、独酌三四郎を発見。

翌朝、五郎さんは今回の目的の染工場へ。

仕事が終わると、お腹がすいてきた。

店を捜し始めた五郎さんは、「自由軒」という看板を見つけ、入ってみることに。

 

自由軒

ドラマとは順番が逆ですが、まず、自由軒さんへ。

 

看板発見〜!

f:id:kcat9:20190413232359j:image

路地に入ると、お店が。
f:id:kcat9:20190413232350j:image

昔ながらの感じ。
f:id:kcat9:20190413232347j:image

お店に入るとさっそく五郎さんを発見。
f:id:kcat9:20190413232341j:image

2人で行ったので、五郎さんセットのメニューを分けて注文。
f:id:kcat9:20190413232404j:image

 

名物味噌汁と、カニコロッケとホッケフライの定食を頼むことに
f:id:kcat9:20190413232332j:image
f:id:kcat9:20190413232412j:image

 

かにクリームコロッケとホッケフライ2つずつの定食で、1080円。
f:id:kcat9:20190413232355j:image

ホッケフライは出来立てほくほく

かにクリームコロッケはとろり濃厚で美味〜!

The定食屋さんのメニューって感じですねえ。

 

かにクリームコロッケ
f:id:kcat9:20190413232317j:image

 

名物 味噌汁 650円
f:id:kcat9:20190413232408j:image

味噌汁が名物って珍しいですよね。

たしかに大きな味噌汁・・・

中には肉も卵も入っていて具沢山。

ちくわが入っているのも珍しいなあ。

味噌もなんか違うんですよね・・・

ホッとするこの感じ。

すき、、、

 

2人で、んま〜💗と共鳴。

 

お客さんは通い続けている方が多い印象。

地元の方がたくさん。

大人気のお店。

「何十年食ってもなかなか飽きないんだわ」というお客さんの言葉が印象的でした。

 

 

独酌三四郎

お酒は飲まないので居酒屋には基本行かないのですが、どうしても行きたくって連れて行ってもらうことに。

 

まさかの外観撮り忘れのミス・・・・

https://tabelog.com/imgview/original?id=r6942786035260

 食べログの写真で綺麗なものがありましたので、貼っておきます。

 

ごはんと身欠けニシン焼き 650円、お通し500円

f:id:kcat9:20190413232325j:image

普段は、お魚を食べる機会があまりないので、ニシンを注文。

身が柔らかくって美味〜〜

味付け濃い目なのかなと思いきや、そんなことはなくって

お魚の味が感じられる程度でさすがといった感じ。

 

お通しは酢大豆。

初めて食べましたが、おつまみに良さそう。

パクパクってクセになる感じ。

 

ニシン単体。
f:id:kcat9:20190413232416j:image

綺麗でしょう?笑

 

新子焼き 900円
f:id:kcat9:20190413232337j:image

鶏が柔らかく煮込まれたもの。

タレが、ほんっとうに美味しい。

このタレ欲しい。

口の中でホロホロになる鶏肉と甘辛いタレ、その後にご飯。

もう最高。

タレがもったいないので五郎さんの真似をしてご飯にかけてみました。

想定内の美味しさ。

うん、うんと頷きながら食べたくなる一品でした。

 

 

二店舗ともトラブルなく回れたので本当に良かったです。

このために旭川に行く日を作ったので、一安心。

連れてってくれたことに感謝しないとですね・・・

 

今回のお店

 

自由軒

営業時間

11:30~14:00

17:00~21:00

地図はこちら

 

独酌三四郎

営業時間

17:00~22:30

地図はこちら