くらしろぐ。

カフェ巡り、日々のいろいろ、スキナコトたちをゆるりゆるりと綴っていきます。

北海道旅行 2日目

昨日のページに引き続き、北海道旅行について。

 

二日目は旭川へ。

孤独のグルメのロケ地に行きたいと言ったら快諾してくれて助かった・・・

 

いざ旭川へ

なんとJALのパックにバスが付けられて500円で旭川に行けちゃいました。

(3倍以上本来ならかかる)

しかも、平日だからか、2人で貸し切るという謎状態。

3時間弱ゆったりできてよかったです。

f:id:kcat9:20190414205011j:image

画質悪いので加工なしで。

よく見ると旭川駅と書いています。

旭川にやってきました〜!!

 

 

孤独のグルメのロケ地巡りへ

 昼と夜の分をまとめて書いています。

ジャンプできますよ〜

www.cafehopping.tokyo

 

旭山動物園へ

昼ごはんと夜ごはんの間にどこか行こうという話になり、せっかくなので旭山動物園へ。

公式サイトはこちら

www.city.asahikawa.hokkaido.jp

公式サイトからも分かるように、動物の種類がめちゃくちゃ多い。

回ってみて思いましたが、全部回るには時間がかなりかかるので、お昼ぐらいには行っておいた方が良さそうです。

しかも、冬季は閉まるのが早い(なんと15:30に閉まってしまうのです)ので余計に早く行くべきだった・・・(時間的に無理だったので仕方ないんですが)。

全部は回れなかったので一部だけ。

 

なんといっても目玉はペンギンたち
f:id:kcat9:20190414204958j:image

ひなたぼっこしています。
f:id:kcat9:20190414204950j:image

大きいペンギンもいれば小さいペンギンもいて。
f:id:kcat9:20190414205024j:image

ふわっふわ・・・もふもふしたいよう・・・

f:id:kcat9:20190414205019j:image

 

ペンギンウォークもあるので、見てきました。

f:id:kcat9:20190415114335j:plain

目の前を歩いてくれるペンギンたちにみんな大興奮。

職員さんの解説も丁寧で良かったです。

 

同じ動きを繰り返すホッキョクグマ。
f:id:kcat9:20190414205043j:image

近づいてきて、
f:id:kcat9:20190414205047j:image

のけぞってターン。

 

別の場所ではこんな至近距離にやってきてくれました。
f:id:kcat9:20190414205039j:image

 

普通の動物園よりも距離が近い気が・・

いや近づいてきてくれるからかな。
f:id:kcat9:20190414205007j:image

 

溝に降りてしまったレッサーパンダ。
f:id:kcat9:20190414205051j:image

職員さんがハシゴをかけてあげていました。

登る姿がとってもキュート❤️

 

凛とした鶴。
f:id:kcat9:20190414205002j:image

 

フクロウはこっちを向いてくれなかったけど・・・苦笑
f:id:kcat9:20190414205030j:image

 

旅行に行くたびに動物園と水族館に行きがちですが、どこのものもすごく楽しいから好きです。

やっぱり、地域によって居る動物に差もあるし。

これからも行きたいなあ。

 

 

夜パフェ専門店 本場へ!

夜ご飯を旭川で食べた後に、札幌へ戻り、夜パフェ専門店、パフェテリアパルさんへ。


f:id:kcat9:20190414204945j:image

平日なのに並ぶ様は、渋谷のペルと同じですねえ。

やっぱり大人気のお店です。

 

北海道は〆パフェ発祥の地であるだけあって、お店が何店舗もあります。
f:id:kcat9:20190414205036j:image

わかりやすい地図が貼られていました。

 

夜パフェのメニューはシーズンごとに変わるので

risotteria-gaku.net

公式サイトでチェックするか

www.instagram.com

インスタや

mobile.twitter.com

 Twitterを見てみるのがおススメ。

 

今回は二種類頼みました。

 

バナナ男爵 1550円
f:id:kcat9:20190414204940j:image

黒いメレンゲ、丸くカットされたオレンジ、バナナ、ごぼうチップスなど盛りだくさん。

チョコやラムレーズンのアイスが美味。

カルーアミルクがかかっています。

 

苺とシャンパーニュのパフェ 1750円
f:id:kcat9:20190414204953j:image

ふわっとかかったゼリーが特徴的なパフェ。

中にはシャンパンのムースやフランボワーズのソルベなど。

シャンパンのおかげでさっぱりしています。

見た目も可愛い。

 

2つとも甘すぎず、締めるところは締めている印象。

やはり、シメなのでベタベタ重いよりはすっきりしている方が食べやすいですね。

全てのパフェが1250円以上と完全に高級パフェ専門店ですが、大人気なのは

独創性と見た目、そして、たくさんの食材が使われていて、食べてて楽しいからかなと勝手に思いました。

メニューがかなりの頻度でかわっていて、よく思いつくなあとしみじみ思ってしまいます。

ということは逆に何回でも楽しめるということ。

さすが・・・

 

 

こんな感じで2日目は終わりました。4日目がかなり軽いので、次で3日目と4日目をまとめて書こうと思います。

3日目も楽しかったのでお楽しみに。